歯医者で出来るインプラント・ホワイトニング

インプラントやホワイトニングは歯医者で受けよう

歯のホワイトニング

歯医者推奨の歯ブラシ

また歯医者では、エナメル質が薄くなったりタールが付着するなどして茶色く変色した歯を、白く美しくすることもできます。ホワイトニングと呼ばれている治療です。エナメル質の下にある象牙質を白い薬剤で覆ったり、沈着した色素を漂白したりするのです。これにより歯は、見違えるほど白く輝くようになります。

このように歯医者では、加齢によって問題が生じた歯を治療することができるのです。それにより、一生問題なく歯を使い続けることができるようになります。

加齢により歯が受ける影響

歯医者さん正面

人間は、年老いていくことで体の内外が衰えていきます。特に歯は、加齢の影響を非常に受けやすいです。なぜなら歯は、日常生活においてダメージを受ける機会が多いからです。

食事においては食べかすがつきますし、食べかすを除去する歯磨きにおいては、徐々にエナメル質が削られていきます。また睡眠中は無意識に歯をくいしばる人が多く、歯にはかなりの圧力がかかっています。喫煙をする人は、タールによる悪影響も受けます。

これらの理由により歯は、数十年という長い年月を経てどんどん衰えていくのです。そのため年をとるにつれて、歯医者に行く機会が増えていきます。

インプラントによる治療
歯の衰えのひとつに、歯並びの変化があります。圧力がかかり続けたり、顎の骨がもろくなったりすることで、歯がぐらついてくるために起こります。それがひどくなると、抜け落ちてしまいます。歯がぐらついたり抜けたりすると、食事をとることも話すことも不便になります。

それを改善するためにおこなわれているのが、歯医者でのインプラント治療です。顎の骨に、人工の歯を植えつけるという治療方法です。入れ歯と違い、簡単にはずれることがないため、自分の歯と同じように使えるという点がメリットです。

歯を白くするホワイトニング

歯医者に行く事を意識して作ったケーキ

審美歯科の分野では、歯に特別な薬剤を塗って光を当てることによって歯を白くするホワイトニングという治療があります。歯を白くするために歯の表面を削るというやり方もあります。

しかし健康な歯を削るとそれなりのリスクがありますので、できるだけ、削らない治療が今の主流です。薬剤を浸透させて歯を白くするやり方は、歯医者さんが病院で行うもの、家庭でもホワイトニングのために、マウスピースなどを使いながら行うものなどがあります。

抜けた歯の後にインプラント
ホワイトニングで歯をきれいにしても、抜けた歯をそのまま放置していてはいけません。入れ歯などの方法もありますが、インプラントという歯茎に土台を作りそこに人工的に作った歯を差し込んでいくというやり方があります。

入れ歯の金具で歯茎が黒ずんでしまうこともあるので、ホワイトニングの治療と一緒にインプラントに変えた人もいます。インプラントは、埋め込むことによって、食べ物を自分の歯のように食べることが出来ます。見た目もいいので、利用する人も増えてきました。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930